harupug

harupug

わんこと一緒に旅に出よう

MENU

2021 犬連れ北海道旅行 20日目

【紅葉の八甲田山めぐり】

〜地獄沼→睡蓮沼→蔦沼→奥入瀬渓流→乳頭温泉〜

 

 

10月25日、旅行20日目。

7:00、起床。

おはようございます。

かわいい頭頂部が見えますね。

f:id:harupug:20220702210449j:image

海のすぐ横ですが、寒くないです。

もう旅も終盤なので、できるだけ早く起きて行動時間を長くしたい。

という飼い主の思いに付き合わされ、起こされて散歩。

f:id:harupug:20220702210507j:image

今日の朝ごはんは、美味しそうです。
f:id:harupug:20220702210326j:image

はる君「お前、起こすん早ない?何時や思てるん。」
f:id:harupug:20220702210459j:image

て感じでマルチーズは朝ごはんも食べずに二度寝モードですが、

こちらは睡魔より食欲が強いので、自分の朝ごはん後に人間のパンも貰います。
f:id:harupug:20220702205946j:image

今日は八甲田山に行こうと思ってるのですが、調べてみると雪が残っている可能性があるらしく、どうしようか悩んでいます。(ノーマルタイヤ)

 

8:45、道の駅を出発。

昨日撮り忘れた道の駅を、出発直後に一応撮っておきました。

通行量の多い道路沿いにある道の駅なので、夜中も車の音は気になります。f:id:harupug:20220702210413j:image

 

無理そうだったら引き返すことにして、とりあえず八甲田山に行くことにしました。

青森市内からR103を通って、八甲田山→奥入瀬渓流→十和田湖に抜けるコースです。
f:id:harupug:20220702210416j:image

山上は雪が残っていますが、道路は大丈夫そうです。
f:id:harupug:20220702205940j:image

紅葉が綺麗。
f:id:harupug:20220702210359j:image

初めての八甲田山巡り、最初に目指すのは地獄沼です。

とその前に、雑誌で見て一度見たいと思っていた酸ヶ湯温泉に来ました。

標高約900mに位置するこの酸ヶ湯温泉は、約300年前の江戸時代に開湯し現在も湯治場として知られています。f:id:harupug:20220702210343j:image

酸ヶ湯温泉といえば、ビバ千人風呂という”160畳・高さ5m・柱なし”の混浴大浴場が有名ですが、混浴に慣れてないので入りませんでした。

(ビバ千人風呂とは別に、男女別の浴場もあります。)

 

標高が上がるにつれて、道端に残雪が、、、

そんなに寒くないのに、なんで溶けないのか不思議です。
f:id:harupug:20220702210048j:image

 

9:55、「地獄沼」に到着。

約90℃の温泉が湧き出しており、強酸性で魚も生息できない沼です。f:id:harupug:20220702205950j:image

沼の近くは植物が育ちにくい環境で、硫黄ガスも出ている様子から、地獄沼と言われます。
f:id:harupug:20220702210423j:image

はる君「なんか寒ない?上着来てないねんけど。」
f:id:harupug:20220702210309j:image

長居するとクレームが続きそうなので、さっさと退散。

 

続いて、車ですぐの「睡蓮沼に来ました。
f:id:harupug:20220702210437j:image

沼までの道が凍った雪でツルツルでした。

ちょっと見に行くだけだから、、、と裸で連れてこられたのぶ君。

景色とかはあんまり興味がないみたいです。
f:id:harupug:20220702210303j:image

さて、このまま八甲田山巡りのメインである蔦沼へ行きます。
f:id:harupug:20220702210250j:image

 

 

10:40、「蔦沼」に到着。

蔦温泉駐車場に停めて歩いて行くのですが、紅葉の時期はなんと駐車料金が2,000円。

交通整備の人件費などが必要なんでしょうが、流石にびっくりしました。笑

(2,000円には、1人分の蔦温泉入浴料が含まれています。)

↓駐車場の隣が蔦温泉旅館
f:id:harupug:20220702210322j:image

時間に余裕があればこういう趣深い温泉にも浸かりたいですが、毎回そんな余裕がなくてスルー。

蔦沼を見に行くには「沼めぐりの小路」を歩くのですが、月沼や長沼など沼全てを回るコースは1時間ちょっとかかるそうです。

なので、私たちは蔦沼で引き返すコースにします。

 

 

 

蔦野鳥の森コース周辺

引用元:環境省_国立公園へ出かけよう!_十和田・奥入瀬・八甲田_おすすめコース_蔦野鳥の森コース(環境省公式HP)

 

 

わんこも行けるので、お散歩がてら一緒に行きます。

平日ですが、紅葉期とあってそこそこ人がいます。
f:id:harupug:20220702210313j:image

はる君、2,000円分しっかり楽しんでね!
f:id:harupug:20220702210340j:imageはる君「経験や思い出は、お金じゃないやろ。」

(白目を剥く飼い主)

 

道はある程度整備されているのですが、ペットカートでは大変かもしれません。

リュックやスリングをお勧めします。

川が流れているので、のぶ君も好きな水の音を聞きながらお散歩。
f:id:harupug:20220702210622j:image

歩いてすぐに、蔦沼に到着。

静かです。
f:id:harupug:20220702210452j:image

曇り空ですが、沼面に色づいた山肌が映っていて、綺麗です。

目線は頂けませんでしたが、ツーショット📸

f:id:harupug:20220702210426j:image

燃えるような紅葉というよりは暖かい雰囲気で癒されます。

充分綺麗ですが、晴れている日に温泉と共にリベンジしたいですね。

 

さて、来た道を引き返します。
f:id:harupug:20220702210316j:image

のぶ君もはる君も往復歩いて、良い運動になりました。

11:35、蔦沼を出発。

 

奥入瀬渓流沿いを通って、十和田湖に出ます。

星野リゾート奥入瀬渓流ホテル辺りに来ると、お店が出てきたのでここら辺で昼食を取ることに。

ちなみに星野リゾート奥入瀬渓流ホテルにはペットと泊まれる部屋があります。

渓流沿いのテラスで一緒に食事が楽しめ、わんこメニューもあるそうで。

オプションでプライベートツアーにも一緒に参加できるという魅力しかないプランです。

ここもいつか絶対に泊まりたい宿です。

 

で、現実に戻りますと、

11:50、昼食を食べにやってきたのは、

石窯ピザ Ortolana」。f:id:harupug:20220702210456j:image

地元で採れた野菜を石窯で焼き上げた本格ピッザという文言に釣られて来ました。

ウッドデッキはペット同伴OKらしいですが、「車でゴロゴロしながら食べたい」というパグの希望に応えてテイクアウトします。

この窯↓なんかジブリに出て来そうですね。

f:id:harupug:20220702210319j:image

店内は混み合っていたので、テイクアウトで正解でした。

 

「渓流の駅 おいらせ」に移動して、青森りんごの犬用おやつと人用サイダーを購入。
f:id:harupug:20220702210030j:image

さて、お待ちかねのランチタイムです。

野菜とチーズたっぷりで美味しそう!
f:id:harupug:20220702210034j:image

生地がクリスピータイプなのも嬉しくて、味ももちろん美味しくていいランチになりました。

 

12:30、「渓流の駅 おいらせ」を出発。

f:id:harupug:20220702210356j:image


奥入瀬渓流沿いを通ると、のぶ君を背負ってレンタサイクルで巡ったのを思い出します。

↓当時の写真

f:id:harupug:20220807171953j:image

(2018年、自家用車で北海道上陸を目指し北上。しかし、岩手滞在中に北海道胆振東部地震が発生し、予定変更で東北周遊旅に。その時に訪れた場所。)

紅葉の時期もまたいいねぇ。
f:id:harupug:20220702210104j:image

記念すべき?奥入瀬渓流で総走行距離が5,000kmを超えました。

 

助手席でうっとりしていると、十和田湖に出ました。
f:id:harupug:20220702210402j:image

十和田湖をじっくり観光したことはないですが、カヌーをしたり十和田神社に行ったり、、、っていう過ごし方もしてみたいです。

個人的には、真冬に見られる氷瀑も気になります。。。f:id:harupug:20220702210051j:image

結局、今年も車窓から眺めるだけになりました。

カルデラ湖なので、火山の噴火で窪んだ土地に雨水が溜まってできた湖なのですが、雨水とは思えない落ち着きです。
f:id:harupug:20220702210256j:image

bye-bye十和田湖。

 

ここからは、去年行けなかった温泉目指して走ります。

それにしても、ここも山が綺麗。
f:id:harupug:20220702210253j:image
f:id:harupug:20220702210041j:image

道の駅おおゆでトイレ休憩や給油を挟んで、


f:id:harupug:20220702210045j:image

 

16:20、「休暇村乳頭温泉郷」に到着。

念願の乳頭温泉です。

f:id:harupug:20220702210429j:image

乳頭温泉と聞いてイメージするのは鶴の湯だと思います。

私も鶴の湯に憧れるのですが、ああいう雰囲気ありすぎる温泉は日帰り入浴の営業時間が短いことが多く、いつも時間的に無理なんです。

でも、ここの乳白色の露天風呂も最高に気持ちよかったです。

 

17:30、乳頭温泉を出発。

東北自動車道目当てに、内陸を目指します。

途中、コインランドリーで洗濯。f:id:harupug:20220702210502j:image

その間に、お散歩と買い出しを済ませました。

 

19:20、「道の駅 雫石あねっこ」に到着。

大きな道の駅で車も多いです。

みんなで夕食。

f:id:harupug:20220702210409j:image

ついに、カップ麺に手を出した人間がいるようです。
f:id:harupug:20220702210057j:image

寝る前のお散歩を済ませて、

22:30、おやすみなさい💤

 

↓本日の行程(238km)